ドコモオンラインショップの「下取りプログラム」の申し込み方法、注意点、期間などを徹底解説

ドコモのスマホを街の量販店やドコモショップよりも圧倒的にお得に購入できる「ドコモオンラインショップ」を利用される方が年々増加しています。

そんな中で気になるのが、「下取り」ではないでしょうか?

店頭であれば店員さんに端末を渡せば、水濡れや画面割れがないか簡単にチェックして下取りが完了します。しかし、ドコモオンラインショップは通販でスマホやタブレットを購入するので下取りは一体どうなるのか、そもそも下取りがあるのか?と不安に思いますよね?

もしかしたら、店頭と郵送は店頭の方がいいんじゃないだろうかとか、郵送は下取の価格が下がってしまうんじゃないだろうか?と思っている方もいると思います。

この記事ではそんなあなたのドコモオンラインショップの「下取りプログラム」について徹底解説していきます。

ドコモの「下取りプログラム」とは

ドコモの下取りプログラムは、あなたが機種変更をするときに、今利用しているスマホ(iPhone、Android、Xperia、AQUOS、Galaxyなど)やタブレット(iPadなど)、ケータイ(ガラケー)を下取りに出します。

すると、機種本体の購入代金から割引をしてくれたり、あなたのdアカウントにdポイントが付与されたりします。

あなたが今お使いのスマホがたとえ古かったとしても問題ありません。ドコモ・au・ソフトバンクから販売されてたほとんど全ての機種が下取り対象です。

とはいえ、あまりにも下取り代金が低い場合(1000円など)は必ず下取りに出す必要はありません。あくまでも下取り額をチェックして、自分が納得できる価格であれば下取りに出すようにしましょう。逆に下取り額が低いなと感じるのであれば、古い端末を家の中でWi-Fi専用のネットやゲームをするための専用機にすることをお勧めします。

ドコモの下取り価格は時期によって変わります。主に中古端末の相場に合わせて変動するので、下取り価格を必ずドコモの公式サイトでチェックしましょう!

公式サイト:NTTドコモ 下取りプログラム

 

ドコモの下取りプログラムは店頭と郵送の2種類

ドコモの下取りプログラムには店頭と郵送の2種類があります。

ドコモオンラインショップ ドコモショップ・量販店
方法 郵送 対面
下取り還元 dポイント dポイント・本体値引き

ドコモショップや量販店では対面で即時下取りになります。下取り額に基づきdポイント付与、その場で本体値引きとなります。

下取り額が3万円、本体価格が9万円だった場合、購入価格が9-3=6万円となります。

下取り額が3万円、本体価格が1万円の場合は、購入価格0円。加えて2万円分のdポイントとなります。

それに対し、ドコモオンラインショップの場合は本体価格からの割引は行われず、下取り額分のdポイントが付与されます。

 

下取りプログラムの利用条件

ドコモの下取りプログラムを申し込むためには、3つの条件を満たす必要があります。

  • 携帯電話機などのご購入時に、iPhoneを下取りに出していただくこと
  • dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入されていること
  • 以下の下取り条件を満たす対象機種を下取りさせていただくこと

公式サイト:NTTドコモ 下取りプログラム

ドコモオンラインショップの場合は郵送となるので、ドコモオンラインショップでスマホやタブレットを購入するときの申し込み画面で下取りも同時に申し込む必要があります。

それ以外は特別注意する必要はないでしょう。ほとんどの方は法人契約ではないので「dポイントクラブ」は自動契約になっているはずです。

すでにドコモを契約している場合、My docomoでお持ちのdポイントが表示されればdポイントクラブに加入できています。ほぼ間違いなくドコモ加入者が全員加入しているはずなので問題ないでしょう。

下取り条件を満たす対象機種とは以下の通りです。

下取りできる機種の条件

 

  • ドコモが販売したiPhoneの場合、下取り申込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
  • 他社が販売したiPhoneの場合、以下条件を満たす必要があります
    1. 下取り申込み機種が正規店で購入されたiPhoneであること
    2. 新規契約(MNP含む)と同時に、ドコモのiPhone・iPad・スマートフォンやタブレット、ドコモ ケータイをご購入いただき、下取りのお申込みをいただくこと
  • 下取り申込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • 下取り申込み機種に故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
  • 下取り申込み機種に記録されているメモリ/データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)
  • 改造していないこと
  • お客様が下取り申込み機種の所有権を有していること
  • 電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと

公式サイト:NTTドコモ 下取りプログラム

 

かなりたくさんのことが書かれていますが、壊れていなくて、未払いの分割金がなくて、改造(昔流行ったiPhoneの脱獄など。わからなければやってないので大丈夫)がなければ下取り対象です。

水濡れや破損で端末本体が壊れてさえいなければ、ほぼほぼ問題ないでしょう。

ドコモショップの店頭とオンラインの郵送での下取りはどちらがお得なのか?

結論から言うと、「ドコモオンラインショップの郵送下取り」の方がお得です。

実は店頭でも郵送でも下取り額は変わりません。一切同じ金額です。

2017年までは店頭で対面で下取りをしたもらった方が下取り額が高かったのですが、今現在どちらで下取りをしても全く同じ価格です。

ということは、頭金や事務手数料のかからないドコモオンラインショップで下取りを申し込んだ方がお得ということになります。

ドコモショップや量販店で機種変更をすると2000円ほどの事務手数料と10000円ほどの頭金というショップの上乗せ手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップでは頭金も事務手数料も無料になります。

新しいiPhoneやスマホ、タブレットを購入するとなると、それに伴ってガラスフィルムやケースが必需品となりますよね?

ドコモショップで余計な出費をせずに、ドコモオンラインショップを賢く利用しましょう!

関連記事

家から一歩も出歩くことなく、スマホやパソコンからポチポチとスマホが買えるドコモオンラインショップ。 僕は毎年ドコモオンラインショップで買い物をしています。 そんなドコモオンラインショップのメリット・デメリットを紹介します。 […]

 

また、店頭で下取りをする場合、その場で古い端末が回収されてしまうので、万が一バックアップを忘れたデータがあった場合復活ができません。

ドコモオンラインショップで機種変更をし、郵送で下取りをすれば、古い機種と新しい機種を比較しながら落ち着いてデータ移行ができるのが嬉しいところです。

ドコモオンラインショップでの下取りを申し込む方法

ドコモオンラインショップを下取りを申し込むのはクリック1つで簡単です。

ドコモオンラインショップで下取りプログラムを申し込めるのは、スマートフォンやタブレットの購入時のみとなるので忘れずに行いましょう。

公式サイトドコモオンラインショップ

機種変更や新規契約の手続きを進めていきましょう。途中で「料金/割引/キャンペーンお申込みのご確認」とう項目が現れます。ここで。「下取りお申し込みのご案内」があるので、「下取りを申し込む」にチェックをつけます。実はこれだけで下取りの申し込みは完了です。

 

送付キットで端末を下取りに出そう

ドコモオンラインショップで機種変更や新規契約の手続きをした後日、本人限定受取郵便【特定型】で「送付キット」が届きます。

これは運転免許証やマイナンバーカードなどを配達員に提示し、本人確認を行わないと受け取ることができない、セキュリティの高い郵便物です。

ドコモの下取り用の送付キットの中身は以下の4つです。届いたものに間違いがないか確認をして、申込書を記入します。

  • 携帯電話機・ポイント交換申込書
  • 下取りプログラム申し込み手順書
  • エアクッション
  • 返信用レターパック

送られた送付キットの中身は「携帯電話機・ポイント交換申込書」、「下取りプログラム申し込み手順書」、「返信用レターパック」「エアクッション」の4種類です。漏れが無いか確認をしたら、申込書に必要な情報を書き込みます。

 

申込書に必要な製造番号の調べ方

普段意識していないかもしれませんが、スマホやタブレットには「製造番号」というものがあります。これは1台1台全ての端末を個別認識するために割り振られている番号のことです。通称「IMEI」。

 

Androidの場合

GalaxyやXperiaなどアンドロイド端末で製造番号を確認するには、、「設定 → システム → 端末情報 → 機器の状態 → IMEI情報」と順番にタップします。

15桁の番号が表示されるので、それを申込書に書き写します。

 

iPhone・iPadの場合

iPhoneやiPadなどのiOS端末で製造番号を確認するには「設定→一般→情報」の順にタップします。

するとIMEIと書かれた項目があるので15桁の数字を申込書に書き写します。

 

下取りで送る前にデータ移行を必ず行おう!

ドコモオンラインショップで注文した新しい機種が届いたら、電話帳や写真アプリなどのデータ移行をやってしまいましょう!

iPhoneからiPhoneの機種変更であれば、iTunesやiCloudを利用することで簡単に行えます。

iPhoneとAndroidを跨いだり、Android同士の機種変更であっても、近年のドコモ端末であれば「ドコモデーターコピー」を利用すれば簡単に行えます。

とはいえ、ゲームデータなどアプリによっては引き継げないものもあるので手動でチェックするようにしてください。僕はかつて10万円ほど課金した実況パワフルプロ野球というゲームのデータを失ってショックで立ち直れなかったことがあります(笑)

また、Android端末のおサイフケータイの引き継ぎも忘れると大変なので気をつけましょう。

 

 

万が一の不正利用を防ぐために初期化をしよう!

ドコモはあなたが下取りに出した端末を初期化して、中古市場へ売り出します。しかし、世の中何かの手違いがあったら困るので、念のためにあなたも下取りに出す前に端末の初期化をしておきましょう。

アンドロイドのおサイフケータイは初期化のためにドコモショップへ出向く必要があります。ショップによってはおサイフケータイ初期化専用の機械が数台置いてあって、店員さんの手続きや順番待ちをせずとも簡単に行うことができます。

初期化が終われば、梱包してレターパックを発送するだけです。後日(1ヶ月ほど)であなたのdアカウントへdポイントが付与されます。

 

 

ドコモオンラインショップで下取り申し込んだ場合、送料はかかるのか?

送料はかかりません。無料です。あなたの負担は一切ありません

ドコモからあなたの元へ送付キットが送られる時も、ドコモへ端末を郵送する際もドコモがあなたのために送料を負担してくれるので安心してください。

実は送料分安くなったりするんじゃないか?と疑いたくなりますが、ドコモショップなどの店頭で下取りしても店員さんの人件費がかかっています。気にしないようにしましょう。

 

ドコモの下取りプログラムは終了予定はあるのか?

僕が記事を書いている現時点では、下取りプログラムの中止は予定されていません

しかし、昨今の総務省の指摘などにより下取り価格が改定される可能性や、ドコモが他のキャンペーンを行う可能性はあります。

機種変更前には当サイトやドコモ公式サイトででドコモの最新キャンペーン情報を確認してください

 

下取りをしたdポイントはいつ反映される?

下取りプログラムに出したスマホのdポイントが付与されるのは、7日から1ヶ月程度と幅があります。

あなたがドコモの元へ郵送したスマホは、下取り基準にのっとっているのか検品・チェックが行われます。下取りを申し込むのはあなた一人ではないので、そこそこ時間がかかる場合があります。

ちなみにdポイントが付与される時はあなたの元へドコモからメッセージRが届きます。

 

下取りを辞めたいと思ったらキャンセルはできる?

端末郵送前なら下取りのキャンセルは可能、郵送後は下取りのキャンセルは不可能です。

というのも、ドコモオンラインショップで下取りプログラムを申し込んだ場合、送付キットに一定の締め切りがあります。この締め切りを過ぎてしまうと自動的に下取りがキャンセルとなります。

なので、オンラインショップで申し込んだ時にとりあえず下取りを申し込んだけど、やっぱり家でワイファイ専用端末として利用したいなと思った場合は、そのまま発送期限が過ぎるのを待てばOKです。

しかし、下取りを発送してしまった場合はキャンセルが効きません。旧機種を発送する前に、本当に下取りに出すのか、それとも手元に残しておいた方がいいのかもう一度考えるといいですよ。

 

契約のあとから下取りを申し込むことはできない

ドコモオンラインショップでもドコモショップでも、契約後に「あっ、これ下取りに出せばよかった」と後から下取りに出すことはできません。

なので、下取りを出すかどうか迷っている場合は、とりあえずドコモオンラインショップで機種変更を申し込むと同時に下取りを申し込んでおくことをお勧めします。

ドコモオンラインショップと下取りを利用してお得にスマホをゲットしよう!

ここ最近のスマートフォンはどんどん高級化しています。それこそ最新機種のiPhoneは10万円を軽くオーバーし、Macbookと変わらない価格をつけています。

だからこそ、手数料や頭金が無料で店頭よりも圧倒的に費用を抑えられるドコモオンラインショップで機種変更をし、下取りプログラムをうまく組み合わせてお得にスマホをゲットしましょう!

公式サイト:NTTドコモ 下取りプログラム